上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私、月の土地を持っています・・・。
『はい???』って感じですが、誰でも、購入できるんですよ。
月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。

彼は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、いわゆる宇宙条約 しかないことがわかりました。
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。



この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、『月の土地』を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。(ルナ・エンバシー社 より)

もう、これは、言ったもん勝ちって世界ですねぇ。
お値段は、1エーカー 1200円。 (エーカーって・・・。)
サッカーグランド1個分です。ちなみに私は、2エーカー購入しました。
第二分譲地区だそうです(笑)

元アメリカ合衆国大統領や、ハリウッドスターも購入してるようです。あと、引田天功も広大な月の土地持ってるらしい・・・。
なんか新手の 詐欺っぽい話ですが、夢があっていいじゃないですか・・・。
購入すると、照明書が送られてきて、買った土地の位置が示されています。
月を眺めながら、あそこらへんが私のモノかぁ・・・。てなぐあいで。
でも、もしかして、将来、月に行けるようになるかもしれないし、そこから、すごいお宝が出るかもしれないし・・・。
可能性は未知数。まあ、生きてるうちは無理か。

これ、プレゼントとかにも良いですよね。なんかロマンチック!
惑星セット(月・火星・金星)とか販売してて、なんかウケます・・・。
日本の土地は高いから無理だし・・・。月の土地なら、すごい地主になれますよー!!
固定資産税もかからんしね!!話のネタにはおもしろいです。 ⇒コレ

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://isoisochan.blog94.fc2.com/tb.php/16-5781ccec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。